薄毛なんて気にしない!

私は20代後半より頭頂部が少し薄くなっている事に気付き、以後薄毛に悩まされる事になりました。
気付いた時は、知人に聞いても「気のせいじゃない?」といレベルでしたが、ベッドの枕元に散乱している毛髪や入浴中、排水溝に溜まっている抜け毛の多さから「気のせい」から「現実」へと認識が変わりました。

30代半ばを過ぎると、前頭部の毛髪も抜け落ち、全体的に薄毛となり人目を気にする余り、プライベートでは帽子の着用やタオルを巻き隠しつつ、改善出来ないものかとインターネットで検索し、発毛剤やグッズを購入しましたが、一向に改善されず「かつら」にまで手を出してしまいました。

しかし、当時の「かつら」は高額な割に精度が低く、光の加減等ですぐにばれてしまい、みっともないので手放すことにしました。
その後、通称「ふりかけ」と呼ばれる炭素繊維で出来たパウダー状のグッズを使用し、更に薄毛の部分に残った毛髪を乗せ、スプレーで固め5年程バレずに過ごす事が出来ました。

同時に服用薬「ミノキシジルタブレット」やシャンプー等も使用してましたが、改善されず歳月を重ねパウダーやスプレーでは隠しきれなくなり、開き直り薄毛を気にしないようにし、他にも私と同じ悩みを持っている人がいるという事を支えに生きて来ました。
時折、会話中相手の視線が頭上に行く事もありますが、見る人は見る、外見ばかり気にしてる人とは深く関わらない事にしました。

また、四六時中薄毛の事に悩んでいるよりも、もっと自分の人生を楽しんだ方が良いと前向きに捉え、気持ちが楽になりましたね。
薄毛についての悩みは、外見を気にする器の小さい人間に対してネガティブに陥るだけであって、開き直り自分の人生を楽しめば悩みでは無くなります。
ただし、そこに行きつくまで時間を無駄にした事に後悔が残ります。
女性の薄毛