白髪染めが育毛を阻む

白髪染めに配合されている酸化染料は髪の毛に回復が難しいダメージを与えてしまいます。一般的な白髪染めは第一剤と第2剤を混ぜ合わせて染める形式をとっています。第一剤が酸化染料で第2剤はほとんどが過酸化水素水を使っているようです。染める直前に第1と第2を混ぜ合わせて髪の毛に塗るのです。第一剤の酸化染料にはジアミン系酸化染料が使われます。この染料で毛髪の中のケラチンを酸化させるのです。ですが酸化することによってシスチンの結合が破壊されてしまった場合は決して元に戻ることがありません。つまり簡単に言えば酸化のダメージを受けてしまった髪の毛をどんなことをしても回復することはできないということです。更に良くないのは白髪染めの第二剤として一般的に使われているが酸化水素水ですが、この過酸化水素水を使っている理由は毛髪の中のメラニンを脱出させるのが目的です。過酸化水素水は脱色だけをするわけではなくて、メラニンを破壊するとともに毛髪の中のケラチンをも壊してしまう力があるのです。そうなれば頭皮の角質層にまで過酸化水素水に壊されることになって、頭皮をも破壊してしまうことにつながり、脱毛につながります