プロペシアの副作用とは

プロペシアといえば、優秀なAGA治療薬として有名ですが、一方で副作用が懸念されています。プロペシアの副作用とは、どのようなものかというと、 発疹、そう痒症、じんま疹、顔や唇の腫れなどの過敏症、抑うつ、精巣痛、勃起不全、射精障害などです。他にも、体のだるさなどが報告されています。ただ、プロペシアを飲んだからといって、全ての人に副作用の症状が出るわけではありません。数%程度、性機能に関する副作用を起こす可能性があるということです。特に、重い副作用については必要以上に心配する必要はないでしょう。強い効果を求めて大量に飲んだり、高用量のものに手を出さない限りは、プロペシアの副作用については、それほど心配することはないということです。プロペシアの副作用でよく指摘される性機能の低下は、思いこみによるものともよく言われています。いわゆるプラシーボ効果によって引き起こされている可能性が高いのです。それでもプロペシアの副作用が怖いのであれば、プロペシアは使用しないようにし、育毛剤など副作用のないものを使うしかありません。