発毛点滴とは?

薄毛や抜け毛の対策のための治療法として、さまざまな治療法があります。育毛剤や育毛サプリメントを使用する育毛方法もありますが、医療機関や医療クリニックで行う育毛の治療方法もあります。そんな育毛の治療方法の中でも点滴を使用した育毛方法もあります。発毛促進点滴や注射を打つことによって体内に有効成分を注入します。 (さらに…)

年齢に伴う薄毛の対策

年齢に伴う薄毛の対策は、とても大事です。薄毛を放置すると取り返しのつかないことになるので、年齢に応じた薄毛対策が重要です。年齢によって薄毛の種類は違います。 (さらに…)

十代で薄毛が始まる人もいる

若くして薄毛で悩むということは精神的に相当な苦痛であろうことは容易に想像ができます。ある程度の年令になってからの薄毛であれば気ににせずに生きていくという選択もあるでしょうが、若い頃からの薄毛であればそうしたわけにも行きません。若い頃の薄毛といっても10代で薄毛で悩む人もいます。10代で薄毛で悩むなどということはそれこそ地獄にでもいるような気持ちになるでしょうが、AGAである可能性はほぼありません。10代ですから基本的に新陳代謝も活発ですし成長ホルモンもバンバン出ていることは間違いありません、そんな人が普通は薄毛になるはずがないのです。薄毛になるとしたら他の何らかの病的な原因があるか、抱え込んでいるストレスや日々の生活態度の問題があると考えたほうが良いでしょう。もしかしたら皮膚関連の病気かも知れませんし、人知れず悩んでいることが大きくその影響が頭髪に現れていたり、乱れた食生活や遊びすぎなどによる睡眠不足などが原因となっている可能性が高いと考えられるのです。まずは自分の生活を真正面から見直してみるということが意外と薄毛対策の早道の可能性があるのです。

タバコと薄毛の関係

タバコを吸う人の中には薄毛になる方が多くみられます。これはどうしてなのでしょうか。タバコにはさまざまな体にとって悪い成分があることは知られていますよね。発がん性がある、老化を促進するなど身体には沢山のダメージを与えますが、髪にとってもかなり強いダメージを与えます。タバコを吸うとニコチンが体内に入ります。このニコチン、血管を収縮する作用があるため、末梢血管も収縮して血流が悪くなります。髪に栄養成分を送る末梢血管の血流が悪くなりますので、髪に栄養が行き渡らなくなります。また、一酸化炭素も発生しますので、身体の細胞に必要な酸素も不足してしまうんです。髪も細胞で出来ていますので、髪の成長が阻害されてしまいます。また、ビタミンやミネラルなども消費されやすくなるため、髪が成長するのに必要な栄養が不足するんです。結果、髪が育たないために薄毛になってしまうんですよ。薄毛治療を行う時には、禁煙をすることが条件になるというほど、髪にとってタバコは悪影響が強いものですので、薄毛が気になるという方は、まずタバコをやめてみてはいかがでしょうか。

プロペシアの副作用とは

プロペシアといえば、優秀なAGA治療薬として有名ですが、一方で副作用が懸念されています。プロペシアの副作用とは、どのようなものかというと、 発疹、そう痒症、じんま疹、顔や唇の腫れなどの過敏症、抑うつ、精巣痛、勃起不全、射精障害などです。他にも、体のだるさなどが報告されています。ただ、プロペシアを飲んだからといって、全ての人に副作用の症状が出るわけではありません。数%程度、性機能に関する副作用を起こす可能性があるということです。特に、重い副作用については必要以上に心配する必要はないでしょう。強い効果を求めて大量に飲んだり、高用量のものに手を出さない限りは、プロペシアの副作用については、それほど心配することはないということです。プロペシアの副作用でよく指摘される性機能の低下は、思いこみによるものともよく言われています。いわゆるプラシーボ効果によって引き起こされている可能性が高いのです。それでもプロペシアの副作用が怖いのであれば、プロペシアは使用しないようにし、育毛剤など副作用のないものを使うしかありません。

AGAを医療で解決

AGA、いわゆる男性型脱毛症は多くの男性が薄毛で悩んでいる原因の一つと言えます。男性が薄毛になるのは全てがAGAというわけではないので自分の薄毛はAGAなのかどうなのかということは医療機関などで調べてもらって判断をしてもらったほうが良いです。市販の育毛剤などに関してもAGAには効くがそうでない薄毛には効果が無いというものも存在していますから自分がAGAかどうかは確認するだけでも今後の薄毛対策にとって有用だということが言えます。もし、自分の薄毛がAGAだったとしたら市販の育毛剤を使用するのも悪くはないのですが、やはり医療で解決をするということがもっともオススメです。AGAに関しては今の現状を知るためにも治療の料金を知るためにも一度クリニックなどを訪れて相談をしてみるということが大切です。最近は多くの場合、無料でカウンセリングをしてくれる医療機関も数多くありますので利用しない手はないでしょう。ただ、AGA治療は健康保険が効かない自由診療となります。治療費は安くはないのですが高い市販の育毛剤を使用するよりも効果は期待できるようなので、かえって安くつく可能性もあるのです。